Blog Single Post

31

8月

タンザニア視察:OKIGUSURIの置いてあるBwama村へ

English follows Japanese
今年の5月に置き薬ボックスを設置したBwama村にいってきました!いままでBwamaのことをたくさん説明しておきながら今回の視察メンバーはまだ誰もいったことがなかったのでとても楽しみにしていました。空港近くのホテルを出発後1時間半強(うち1時間がオフロード、乾期でよかったです。)メンバーのGeofreyの運転でのりきり、ようやくついたBwama村。ちょうど昼下がりということもありなんとも牧歌的なほのぼのとした雰囲気が漂っています。
在庫をチェックすると、おお、ちゃんと減っている~!そして代金回収もきちんと行われていることも確認。小さいながらも着実にOKIGUSURIが回りだしていることが実感できました。ただいろいろな課題や、新たな発見もあり、ひとつずつ確実かつ大胆に取り組んでいくことでさらに前進していきたいと思います!

Jambo! We visited Bwama village where our OKIGUSURI have been placed in May. None of members of this time travel have visited there, so we were quite excited. It took 1 and half hour (mostly off road) from around air port by Geofrey’s car. Finally we have arrived the village. It is really peaceful atmosphere.
Checking the stock of medicines, we confirmed they have been used! Also confirmed they have been payed, Small but surely we are moving forward. However there are still lots of challenges, but we will tackle them one by one!

BWAMA村の入口 Entry point of BWAMA
右かGeofrey, 村長さん、村のスタッフとAfriMedico 山口、青木 From right ,AfriMedico Geofrey Yambayamba, Chairperson, staff of office, and AfriMedico Makiko and Motohiro

- amadmin, ,

0 Comment